ミネラル豊富、デトックス効果、ダイエットに
今注目の竹炭パウダー

食べる竹炭

無添加
安心の国産
無添加、鹿児島県産の竹炭をパワーをそのまま、食用に
竹炭パウダーとは

竹炭パウダーとは、竹炭を細かく粉砕して 食品添加用に加工した無味無臭食用竹炭粉です。 前処理(天日干しと、燻製処理)をきちんとして、焼き上げた竹炭は安心して食することが出来ます。 最近では、竹炭のデトックス効果などから 海外でも注目されているバンブーチャコール(bamboo charcoal)です。 料理に欠かせない無添加食品として愛用されています。
期待できる効果
不足しがちな、ミネラルを補うことが出来ます。
カルシウム
カリウム
ナトリウム
マグネシウム
ゲルマニウム
鉄分
竹炭には、目に見えない細かい孔(あな)があいています。1グラムの竹炭の表面積は、約700平方メートルです。その竹炭の孔の中に、竹が地中から吸い上げたカルシウム、カリウム、ナトリウム、鉄分などの天然ミネラルが豊富に含まれています。 竹炭パウダー「食べる竹炭」は無添加です。
腸内環境や便通改善など
デトックス効果が期待できます。
竹炭には吸着効果があります。炭の吸着効果は、腸にたまった老廃物を吸収しそのまま体外へ排出してくれます。そのため竹炭には腸内環境を整え、便秘改善やデトックス効果が期待できると言われています。
商品は3種類
  • \溶かしやすい/

    食べる竹炭
    10ミクロン

    食べる竹炭10ミクロン

  • \飲みやすい/

    食べる竹炭
    カプセル

    食べる竹炭カプセル

  • \業務用に最適/

    食べる竹炭
    125ミクロン

    食べる竹炭業務用

食べる竹炭10ミクロン
粒子が細かので摂取しやすく
飲み物やお料理にも混ぜやすい!

■鹿児島県産孟宗竹使用

■内容量100g

■100gあたり:カルシウム 46mg、カリウム 1100mg、鉄 190mg、マグネシウム 94mg、マンガン 13mg水に溶かしてジュースにしたり、パンやケーキ、クッキーの生地に混ぜ込んだり、卵焼きや炊飯に混ぜたりで使用します。

食べる竹炭10ミクロンの商品画像

■栄養成分について(100gあたり)エネルギー 350kcal、たんぱく質 3.3g、脂質 0g、炭水化物 86.7g、ナトリウム 8.5mg、カルシウム 46mg、カリウム 1100mg、鉄 190mg、マグネシウム 94mg、マンガン 13mg

※食品放射能検査…セシウム134、セシウム137、ヨウ素131、検出せず
※食品細菌検査…陰性

使用方法
デザートやおかず、パンの生地や麺類などに
1日に3~4gを目安に、 数回に分けて摂取します。デザートやおかず、パンの生地やご飯類などに混ぜ込むと 摂取しやすくなります。

※炭の粉が飲みにくい場合は、オブラートに包んでお召し上がりください。(お口周りも黒くなりません。)

※パン、ケーキ、プリン、ギョーザ、から揚げ、カレー、焼酎、ご飯類などにどうぞ。

※生地に混ぜる場合は、生地に対して1~2%、ご飯類には3~5合に対して小さじ1杯が目安です。

※医薬品ではありませんので、食用、飲用される方は自己責任でお願いいたします。

※お薬を服用中、妊娠中、授乳中の方は医師にご相談の上、ご利用ください。

※お体に異常を感じた場合は、使用を中止してください。

※直射日光、高温多湿を避けて保管してください。

※乳幼児の手の届かない場所に保管してください。

1,690円 10ミクロン・100g・送料込
レタ-パックで送付させて頂きます。

【支払方法】

1袋のみのご購入の場合、お支払いは「ゆうちょ銀行」及び「横浜銀行」への振り込みのみとなります。(配送がレターパックのため)入金確認後、商品を出荷致します。

【1袋の注文の方法】

ご住所、お名前を明記、配送方法(レターパックを選択)、お支払方法は(ゆうちょ銀行又は横浜銀行を選択)注文するを押して下さい。

食べる竹炭カプセル
鹿児島産の無添加の竹炭パウダーを
さらに飲みやすく、汚れないカプセル状にしました

現在販売している竹炭パウダー「食べる竹炭」では

〇飲みにくい

〇封を切る時にこぼれたりする

〇飲む時に汚れたりする

などの声が、ご購入されたお客様から上がっていました。

食べる竹炭カプセルの商品画像
そこで、それらを改善するために出来上がったのが竹炭パウダー「食べる竹炭カプセル」です。国内GMP認定工場で無添加のままカプセルにしました。
放射能検査済みです。
当店の販売している竹炭パウダー「食べる竹炭カプセル」は国内GMP認定工場で竹炭パウダー「食べる竹炭」を無添加のままカプセルに注入して仕上げております!
無添加植物性カプセル仕上げております。
無添加の竹炭をカプセルまで添加物を一切使用していない植物性カプセルで仕上げました。(カプセル:ハードカプセル植物性2号サイズ)
使用方法
1日3カプセルを目安に、水またはぬるま湯で噛まずにそのままお召し上がり下さい。
3,240円 150カプセル・送料別
レタ-パック370円で送付させて頂きます。

【支払方法】

1袋のみのご購入の場合、お支払いは「ゆうちょ銀行」及び「横浜銀行」への振り込みのみとなります。(配送がレターパックのため)入金確認後、商品を出荷致します。

【1袋の注文の方法】

ご住所、お名前を明記、配送方法(レターパックを選択)、お支払方法は(ゆうちょ銀行又は横浜銀行を選択)注文するを押して下さい。

食べる竹炭125ミクロン
パン屋、ケーキ屋、和菓子屋さんに人気の1kg入り 和田峠の竹炭
山梨県身延町和田峠の竹炭は甲州の孟宗竹を使用しています。高級食パンなどに相性のいい125ミクロンタイプの竹炭パウダーです。粒子が細かすぎないので、調理中に舞ったりせず、扱いやすいのが特徴です。
食べる竹炭125ミクロンの商品画像
作業工程
  • 伐採作業画像

    伐採作業

  • 天日乾燥画像

    天日乾燥(含水率検査を含む2か月)

  • 燻煙窯乾燥画像

    日本では2か所しかない燻煙窯乾燥(15日間)建込燃焼(800℃の20日間)窯だし、その後1週間天日乾燥処理

  • 燃焼画像

    乾燥した竹を隙間なく窯に入れて火入れ燃焼(800℃の3日~4日)10日間ほどゆっくり冷ましてから窯から取り出し

  • 釜で煮沸して乾燥画像

    焼きあがった炭を,機械でそろえて一度釜で煮沸して乾燥機にかける(消費者が手が汚れるのを嫌がるための配慮)

  • 焼きあがった竹炭の画像

    焼きあがった竹炭

  • 選別作業画像

    選別

製造工程表
製造工程表の画像
水分調整に有効な「燻煙熱処理法」(日本では2か所だけ)を採用しています。

割れを防ぐ方法として、京都大学木質科学研究所の野村先生が開発された方法で、 これは200℃以下の湿度で5日間、カマド(窯)のなかで燻煙処理して含水率を20~25%に調整した後、 雨に濡らさないようにして2か月、天日干し等で自然乾燥させ、竹の含水率を12~14%にします。 何故なら、竹は中空で肉厚が薄く部位によって含水率収縮率にバラつきがみられます。 窯入れ前に調質をせず、安易にやくと欠陥炭になると同時に、自然乾燥で調質をすると6か月を要します。 「燻煙熱処理」した竹炭は、均質でカビや虫の害にも強く、長期間の保存が出来ます。

竹炭パウダー食べる竹炭の製造について守らなければいけない基準

弊社では竹炭パウダー「食べる竹炭」を委託加工するにあたって以下の6つの基準を設けています。(基準にあわないものは商品にしません)

①炭材となる竹は、山梨県身延町の孟宗竹のみとし、丸竹、割竹にかかわらず前処理として燻煙熱処理を行う。

②燻煙熱処理の条件:炉内最高温度は、150~200℃、処理日数3~5日。

③燻煙熱処理後含水率:丸竹40%±2%、割竹30%±5%

④燻煙熱処理後の自然乾燥に際して、防腐防カビ上炭材表面が均一に煤を付着していること。

⑤最終製品の品質の厳密さを要求される場合は、燻煙熱処理時の処理材の炉内位置を特定し、置かれた位置の炉内温度によって分類する。

⑥燻煙熱処理後は、一定期間屋根付きの自然乾燥場で乾燥と天日による乾燥も含めて、含水率が平均化するまで貯蔵する。期間は、燻煙熱処理後の仕上がり含水率によって異なるが、含水率20~25%にする。

6,500円 125ミクロン・1kg・税込

竹炭パウダーレシピ

竹炭商品レシピと写真については、
料理研究家 澤井香予(薬膳料理インストラクター、干し野菜研究家)の製作により掲載しています

【竹炭シェイク】

竹炭シェイクの紹介画像
竹炭シェイクの材料画像

●材料(2個分)

バニラアイス  1カップ(200ml)

竹炭パウダー  小さじ1/4

冷凍ミックスベリー 大さじ3

アイスを入れて混ぜている画像
アイスに竹炭パウダーを入れる画像
アイスと竹炭パウダーを混ぜている画像

①器にアイスを入れ、スプーンでかき混ぜる。

②柔らかくなれば、竹炭パウダーを入れる。

③更に混ぜる。

ミックスベリーを入れている画像
完成した画像

④冷凍ミックスベリーを入れ、混ぜる。

⑤完成。

【オートミールの竹炭クッキー】

竹炭クッキーの紹介画像
竹炭クッキーの材料画像

●材料(14個分)

オートミール 75g

ベーキングパウダー 2g

バナナ 2本

レーズン 20g

竹炭パウダー 小1/4

塩 一つまみ

オリーブオイル 大2

バナナを潰している画像
オリーブオイルを入れて混ぜている画像
竹炭パウダーを入れて混ぜている画像

①ボウルにバナナを入れ、潰す。 オーブンを予熱(170℃ 20分)

②オリーブオイルをいれ、良く混ぜる。

③竹炭パウダーを入れ、良く混ぜる。

ベーキングパウダーを入れている画像
さらにオートミールレーズンを入れている画像
14個に等分している画像

④ベーキングパウダーとオートミールレーズンを入れ更に混ぜる。

⑤14個に等分する。

クッキングシートに並べている画像
竹炭クッキー完成画像

⑥クッキングシートを敷いた天板に並べる。

⑦オーブンで焼いて、完成。

【竹炭ピッツァ】

竹炭ピザの紹介画像
竹炭ピザの材料画像

●材料(約24㎝)

ドライイースト 3g

砂糖 小1

強力粉 100g

薄力粉 50g

塩 小1/2

水 60~80㏄

ピザの生地の画像
生地に砂糖とドライイーストを入れている画像
発酵させている画像

①ぬるま湯(30℃~40℃)に砂糖とドライイーストを入れ、10分おく。

※予備発酵要らずのイーストも発酵させた方が失敗しにくいので、おすすめします。

小麦粉とベーキングパウダーをいれている画像
混ぜているいる画像
さらに塩を入れている画像

②小麦粉と竹炭パウダーを混ぜる。

③1を入れ軽く混ぜ合わせた後、塩を入れる。

水を少しずついれている画像
手で混ぜている画像
生地をこねている画像

④水を2回に分けて少しづつ入れ、手で混ぜていく。

⑤まとまってきたら100回ほどこねる。

ラップをしている画像
生地を寝かせている画像
寝かした生地の画像

⑥ラップをして20分放置。

竹炭ピザの生地の画像
生地に打ち粉をしている画像
生地を伸ばしている画像

⑦オーブンを予熱(240℃13分)

クッキングシート打ち粉(分量外)をし生地にラップをのせ丸く伸ばす。

ソースの画像
チーズを生地にのせている画像
完成した竹炭ピザの画像

⑧生地にフォークをさし何か所か穴をあけ、ソース・チーズをのせオーブンで焼く。

⑨完成。

【手作り簡単トマトソース】(竹炭ピッツァと相性ピッタリ!)

トマトソースの材料画像

●材料

玉葱 1/3個

塩 小1/2

トマト缶 1/3缶

(オリーブの実適量) →無くてもOK

みじん切りした材料の画像
材料にトマト缶を混ぜている画像
完成したトマトソースの画像

①みじん切りの玉葱→塩→トマト缶を耐熱容器に入れ、ラップをせず600w 9分電子レンジでチン。

②みじん切りにしたオリーブを混ぜて完成。 ※容器がとても熱いので注意!!!

【ブラックチョコケーキ】

チョコケーキの紹介画像
チョコケーキの材料画像

●材料(18㎝ホール1個分)

ホットケーキミックス 1袋(200g)

チョコレート 1/2箱(25g)

くるみ(炒っておくとGOOD) 20g

卵 1個

豆乳 or 牛乳 100㏄

竹炭パウダー 小1/2

卵と竹炭パウダーを混ぜている画像
さらに必要な具材を混ぜている画像
ホットケーキも入れて混ぜている画像

①ボウルに卵を割り入れ、竹炭パウダーを加え良く混ぜます。

②1に豆乳or牛乳を入れ、良く混ぜ、ホットケーキミックスも入れて、更に混ぜ合わせます。

生地にチョコとくるみを入れている画像
型に入れて空気を抜いている画像
竹炭パウダーを使用したブラックチョコケーキの画像

③オーブンを予熱しておき(180℃ 25分)刻んだチョコとくるみを入れる。

④クッキングシートを敷いた型に入れ、20㎝上から2.3回落とし空気を抜く。

⑤180℃に予熱したオーブンで、25分焼き完成。

【チャコールコーヒー(竹炭コーヒー)】

珈琲がおいしくなる竹炭の効果
チャコールコーヒーの画像
 ドリップコーヒーを作られていて、焙煎が失敗したり、抽出が失敗していたりした時に竹炭パウダー「食べる竹炭」が珈琲をおいしくします。 なぜなら、竹炭パウダー「食べる竹炭」の原料である 山梨身延孟宗竹の炭の吸着効果で、珈琲中に染みだした「雑味」や「渋味」を吸着するからです。
竹炭パウダー「食べる竹炭」は、水の中のカルキや塩素も吸着します。 ただし、あまり混ぜすぎると珈琲本来の香りや味も竹炭パウダー「食べる竹炭」が吸着して、本来の味がなくなってしまう可能性があります。
弊社から竹炭パウダー「食べる竹炭」を購入している、喫茶店様の意見として多いのは、お湯が柔らかくなり、珈琲自体のまろやかさを引き出していてお客様から好評です。 竹炭パウダー「食べる竹炭」が水と珈琲の絶妙のバランスを保つことで、「まろやかなこく」が生み出されたり。苦味や渋みが抑えられ、口当たりがよくなっていますとのこと。 一般的に珈琲は冷めると苦味が増します。 しかし、竹炭パウダー「食べる竹炭」を入れた珈琲は、竹炭の効果により珈琲粉末と水分との分離や珈琲粉末の酸化が抑えられ、冷めてもなお、そのおいしさが続きます。
チャコールコーヒーを飲むことでの期待できる効果とは

・デトックス効果(炭)

・脂肪燃焼効果(カフェイン)

・脂肪分解効果(クロロゲン酸)

 が期待できます。

チャコールコーヒーの飲み方

・1日1食置き換え

朝食をチャコールコーヒーに置き換えます。カロリー、糖質を抑えることができます。

・間食の代わりに

普段自宅やオフィスで飲むコーヒーをチャコールコーヒーに置き換えます。カロリー、糖質を抑えることができます。

・運動前に

 コーヒーの脂肪燃焼効果をより効果的にしてくれます。

お客様からの質問

Q 竹炭パウダー「食べる竹炭」は食品でしょうか? 食品添加物でしょうか?
竹炭パウダー「食べる竹炭」は食品添加物として認められております。 当社ではパンやクッキーなどに混ぜる食品添加物としてご案内しております、個人のお客様、食品メーカーさん等にご提供させていただき様々な加工品としてご利用いただいております。個人のお客様では、お水やコーヒーやヨーグルトなどに混ぜて利用されておられる方もおられます。
Q 竹炭パウダー「食べる竹炭」の賞味期限はどのくらいですか?
竹炭パウダー「食べる竹炭」は賞味期限・消費期限はございません。保管して頂きます際は湿気に気を付けて直射日光をさえぎりご使用頂けたら望ましいです。
Q 竹炭パウダー「食べる竹炭」の保存方法は?
保存方法と致しましては、湿気などに気をつけていただき、お送りしておりますアルミパックは、直射日光をさえぎるようになっておりますので、そのまま保管していただけます。
Q 竹炭パウダー「食べる竹炭」に使用されている竹炭は国産ですか?
竹炭パウダー「食べる竹炭」は山梨身延町の竹材(孟宗竹)のみを使用して、山梨県身延町の土窯で焼き上げられて粉末に加工されたものです。原材料の竹は身延町の竹林で伐採して竹炭に焼き上げております。
Q 内容成分について教えて下さい
当社取り扱いの竹炭パウダー「食べる竹炭」の内容成分は、竹炭粉100%です。
Q この竹炭は何度で炭化されたものですか?
竹炭パウダー「食べる竹炭」は、窯入れ前に調質をするために国内で2カ所しかない「燻煙熱処理」をして、山梨県身延町の孟宗竹を使用して、昔ながらの土窯を竹炭専用に改良した窯で熟練の竹炭職人が高温(約800度)で焼き上げております。
Q 竹炭パウダー「食べる竹炭」の工場では小麦など他の商品との混入の危険がありますか?
竹炭パウダー「食べる竹炭」の成分は竹炭粉100%となっております。また、工場では竹炭関係のみ製造をしており小麦粉等の使用はございません。
Q 竹炭パウダー「食べる竹炭」は食品と混ぜて使用する場合どのような食品と混ぜることがいいのですか?
竹炭パウダー「食べる竹炭」の成分は竹炭粉100%となっております。また、工場では竹炭関係のみ製造をしており小麦粉等の使用はございません。
Q パンやケーキなどに混ぜる場合の量を教えて下さい。
あくまでもご使用されている方の好みにもよりますが、竹炭パウダー「食べる竹炭」を使用されているお客様のお話しを聞いていると、全体量の1~3%を目安にご使用されている方が多いようです。弊社の竹炭パウダー「食べる竹炭」を入れることで、見た目の色の変化を楽しまれたり、竹炭パウダー「食べる竹炭」を多く入れて食感にインパクト(ジャリジャリ感)を与えたかったり、お客様の求めていることが様々なので、お好みによって調節して頂きながら楽しんで頂くことが望ましいです。
Q 竹炭パウダー「食べる竹炭」の飲み方を教えて下さい。1日にどのくらい摂取すればいいですか?
竹炭パウダー「食べる竹炭」をご購入されておられる個人のお客様は、耳かき2~3杯程度を目安としてご使用されておられます。お水に入れて飲まれたり、コーヒーやーヨーグルトなどに混ぜて飲まれている方もおられます。耳かきに一杯程度オブラートに包んで飲んでおられる方もおりますが薬ではないので、効能や決まった分量などはありません。
Q 熱を通さないで食べても大丈夫ですか?
竹炭パウダー「食べる竹炭」は、100%竹炭粉なので、熱を通さずに直接飲んで頂いても問題ありませんが、口の中でじゃりじゃりした触感があるかと思いますのでオブラートに包んだりして飲まれる方もおられます。
竹炭、竹酢液を使用したエコな生活

こちら