無農薬国産有機えごま油

えごま油とは?

「えごま」とは、一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)と良く似た葉をもつ植物です。
えごまの種子から搾った油「えごま油」は、αリノレン酸を非常に多く含んでいることから大変注目を集めています。


えごま油 イメージ


弊社の販売している「えごま油」はオメガ3が60%含まれています。

オメガ3とは。植物の栄養素の脂肪酸の種類の一つです。オメガ3系の中に、αリノレン酸、DHA、EPAも入っています。
オメガ3は、脳の細胞膜血液の細胞膜等、大変重要な組織の必須栄養としてなくてはならない脂肪酸です。
えごま油をはじめ、冬野菜、海草、魚などにも多く含まれていますが、現代は、食の西洋化によってオメガ3が栄養不足になっており生活習慣病の原因となっています。 WHO【世界保健 機構)でも学力低下、心臓疾患等の原因にオメガ3不足をあげ、補う必要性を発表しています。
脂肪酸には大きく分けるとオメガ9,6,3があり、どの油にもこの3種類が存在しており、植物油のなかでは、えごま油にはこのオメガ3が60%も含まれています。 世界一多く含まれているのがえごま油です。
このオメガ3は、オメガ9が体内でつくられるのに対し、食 べ物から摂らなくてはならない必須脂肪酸ですので、オメガ3が不足していると、体の特に脳や神経の働きに支障が出てくるため、このオメガ3の多いえごま油はまさに生活習慣病を改善できる食べ物と言えるのです。 えごま油大さじ1杯分の栄養素はイワシ約6匹分と同じと言われています。


α-リノレン酸とは?

α-リノレン酸とは、脂質の主な構成成分である脂肪酸のひとつで、人間の体内では合成することのできない必須脂肪酸です。
亜麻やエゴマなどの野菜に多く含まれている体に良い油で、体内ではDHAやEPAに変換され、血流改善や動脈硬化の予防に効果的な成分です。 主な作用としては、抗アレルギー作用、中性脂肪・悪玉コレステロールの減少、血栓の予防、脳や網膜の神経伝達をスムーズにする(認知症予防)働きがあると言われています。

葉っぱにはポリフェノールの一種であるルテオリンやロスマリン酸が多く含まれており、 花粉症やアレルギーに効果があるとの研究結果が報告されています。
えごま油の一日の摂取量目安は約4gです。
酸化が早い性質のため、開栓後は冷蔵庫で保管し開封後1ヶ月を目安にお召し上がりください。

無農薬えごま栽培の畑

▲島根県奥出雲町 有機JAS認定圃場 無農薬えごま栽培の畑

有機加工に関する認定証

▲有機JAS認証の圃場で生産しています。

  • 島根県奥出雲町有機JAS認定圃場で栽培される無農薬えごま

    島根県奥出雲町有機JAS認定圃場

  • 無農薬えごまの生産者

    無農薬えごま栽培の生産者
    (左:藤原さん、右:若槻さん)


えごま無農薬栽培基準

○肥料

堆肥(ミミズ堆肥、竹炭、竹酢液を含む)、発酵鶏糞を使用し、有機栽培に使用することが出来る苦土石灰、鶏糞焼却灰を使用する。

○品種

田村黒種を基本とする

○苗代

セルトレイ128穴有機苗

○栽培密度

株間は30~40cm 畝間は70cm~80cm

○除草

除草剤は使用しない、管理機等で除草する

○収穫

コンバイン刈りまたは手刈り

○乾燥・調整

乾燥はカビ、酸化防止のため、収穫後は篩、唐箕にてゴミを分離し、薄く広げ風通しの良い場所で、行う。

○水洗い

水洗い後は乾燥調製と同様に十分に乾燥する

○出荷

エゴマ種実は水分6%未満にする。

えごま油の効果・効能

えごま油に豊富に含まれるオメガ3系脂肪酸、α-リノレン酸は「必須脂肪酸」と呼ばれ、食物からしか摂れない重要な栄養素と言われています。
このα-リノレン酸は身体に入るとエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)に変化し、脳や精神などさまざまなところによい影響を及ぼすそうです。
具体的には一体どのような効果があるのでしょうか?

効果1 ダイエット効果

油=太るというイメージがありますが、えごま油に含まれるα-リノレン酸には、代謝を活発にし、脂肪を燃焼しやすくする効果があると言われています。
といっても、たくさん摂ればその分ダイエット効果が高まるというわけではありませんので、1日の摂取量を守って摂取するようにしてください。

効果2 抗アレルギー効果

α-リノレン酸が体内で変化して得られるEPAやDHAには、アトピー性皮膚炎などのアレルギーを改善する効果があることがわかっています。
抗アレルギー効果を感じるには、α-リノレン酸などのオメガ3系脂肪酸を多く摂るだけでなく、大豆油、コーン油や肉類などに多く含まれるオメガ6系脂肪酸の摂取を控えるなど、脂肪酸の摂取バランスをとることが重要なようです。
ちなみに、理想の比率はオメガ6:オメガ3=4:1といわれています。

効果3 抗不安効果

人間を対象にした実験の結果、オメガ3系脂肪酸を摂取するとそうでない場合と比較して不安症状が軽減されるということがわかったそうです。

恐怖記憶が和らぐという研究結果も出ており、将来的に食事療法へつながることが期待されています。
この抗不安効果もオメガ6系脂肪酸との摂取バランスが重要で、効果を得るにはオメガ3系脂肪酸を摂取するだけでなく、オメガ6系脂肪酸の摂取を抑える必要があるようです。

効果4 記憶・学習への効果

えごま油に含まれるα-リノレン酸には脳機能を改善する効果があり、摂取により学習機能が高まることがさまざまな実験でわかっています。

また、DHAは脳神経に対して抗酸化作用があり、脳を活性化させ、酸化ストレスから神経組織を保護するようです。
動物実験では、DHAの投与が加齢による脳の能力低下を回復させるという結果もあるようで、認知症やアルツハイマー病の予防につながることが期待されています。

効果5 心疾患の予防効果

α-リノレン酸には、血圧の上昇を防いだり、不整脈を予防する効果があると言われています。

また、アメリカで行われた大規模調査では、α-リノレン酸の摂取が虚血性心疾患のリスク、特に心筋梗塞リスクの低下を示唆する結果が出ています。
またEPAには抗血栓効果、抗動脈硬化効果などもあるとされ、心臓・血管の病気をさまざまな角度から予防する効果が期待できそうです。

どのようなえごま油を選べばいいのでしょうか

独立行政法人国民健康センターの調べによると、市販のえごま油は品質にばらつきがあり、酸化の度合いや有効成分であるα-リノレン酸の量などに差があることがわかったそうです。
市販のえごま油には、淡い黄色でほとんど透明なものから、黄金色のもの、茶褐色のものまでさまざまな色のものが存在します。
色と酸化の度合いは、完全に比例しているとはいえませんが、おおむね透明なものの方が酸化の度合いは低く、焙煎してから搾ったものや圧搾の時に高温になったものは茶褐色が濃くなる傾向があるようです。

酸化していないものを見分けるポイント

  • ・遮光瓶(茶色や緑色などの瓶)に入っている
  • ・箱に入っているなど光を遮断している
  • ・「非加熱圧搾」「生搾り」「コールドプレス」「無焙煎」などの表示がある
  • ・味や香りに異常がない
なお、透明なものは精製されたオイルで香りが薄く、黄金色のものは未精製(いわゆるバージンオイル)で味や香りが濃いという特徴があります。

味の好みもふまえて選んでみることも大事です。

弊社の販売しているえごま油製造工程

収穫(無農薬) ⇒ 洗浄 ⇒ 1次選別(唐箕掛異物除去) ⇒ 乾燥(水分量6%以下) ⇒搾油(低温圧搾・えごま専用搾油機) ⇒ 瓶詰め(瓶煮沸消毒95℃20分)
成分分析値
一般生菌数 <3000 標準寒天平板培養法
大腸菌群 陰性 デソキシコレート寒天培養法
黄色ブドウ球菌 設定無し -

  • えごま油の搾油(低温圧搾・えごま専用搾油機)

    搾油(低温圧搾・えごま専用搾油機)

  • 低温圧搾生搾りによるえごま油の搾油拡大写真

    搾油の様子(拡大)


低温圧搾生搾りによる搾油

生のえごま種実を1時間かけてゆっくりと搾油します。1kgのえごま種実から約350gのえごま油が採れます。

低温圧搾生搾りによるえごま油の搾油

弊社の販売する国産有機えごま油のこだわり

有機JAS認証圃場で、無農薬栽培を実践し、有機えごま種実のみ使用し、 種も自家採種をしていくことで、生産からこだわります。

α-リノレン酸含有量67.5%
有機JAS専属搾油機で低温圧搾生搾りした、えごま油です。
α-リノレン酸含有量67.5%(島根県産業技術センター調べ)という結果がでました。

商品受注後、搾油施設で搾油したものをすぐに出荷します。
商品受注後搾油するので、フレッシュなえごま油をお届けするように心がけます。
鮮度と香りが違います。

えごま油の使い方

身体にいいといっても、どうやって毎日の生活に取り入れればいいかわからない!という方のために、えごま油の効果的でおいしい使い方をご紹介します。

えごま油は加熱が苦手

すでにご紹介したとおり、えごま油はとても酸化しやすく、加熱によって「過酸化脂質」に変化して人体に有害な物質になってしまいます。
ところがビタミンCやEなどの酸化防止剤を含むえごま油の中には、メーカーが「200℃までの加熱はOK」としているものなどもあるようです。

また、えごま油の加熱安定性を研究した論文では、180℃70分程度であれば「(酸化の度合いは)加熱を受けた食用油として問題になる値ではない」「α-リノレン酸の量も93.6%残存」というデータもあります。
しかし、国民生活センターの実験によると、ビタミンCやEなどの酸化防止剤はえごま油の酸化安定性に影響を及ぼさなかったとのこと。

「加熱を受けた食用油として問題になるほどではない」とはいっても、酸化の度合いは比較した他の油より大きく、健康のことを考えるのであればやはり非加熱での摂取をおすすめします。
また、えごま油は加熱すると魚臭い匂いになり、食べづらくなってしまいますので、食味のよさという意味でもえごま油は「炒める・揚げる」よりも調味料として「かける・つける」使用方法が向いているといえるでしょう。
えごま油の1日の摂取量の目安は小さじ1杯ほどです。

食べ過ぎると下痢など起こす場合もあるというので、摂取量を守っておいしく続けてくださいね。

<より効果を実感するには>

  • ・毎日お味噌汁などに入れる(コクが出ます)
  • ・パンにつけて食べる(バターの代わりにどうぞ)
  • ・卵かけご飯にプラス(いつもの卵かけご飯が贅沢な味に)
  • ・おひたし・和え物にプラス(まろやかな味になります)
  • ・ジュースに混ぜて食べる

<簡単な摂り方>

  • ・摂取する脂肪酸のバランスをとるために「オメガ6系脂肪酸(サラダ油、紅花油、コーン油、ひまわり油、大豆油、グレープシードオイルなど)」の代わりに使う
  • ・サラダやカルパッチョなど、今までオメガ6系脂肪酸の油を使ってきた場面で代用する
  • ・マヨネーズをかけたくなる場面でえごま油+塩をかける

<えごま油の保存方法>

  • ・光のあたらない冷暗所で保存
  • ・冷蔵庫で保管するのがおすすめ
新鮮なえごま油にはあまりクセはありません。
醤油や味噌、鰹節や豆腐などとも相性がよく、和食とも相性抜群ですし、パンやパスタなどの洋食にかけても美味しく食べられます。
なんといっても「かけるだけ」という手軽さがうれしいえごま油。
あれこれ試して楽しみながら使ってみてください!

購入されたお客様からの質問

1.えごま油を効果的に摂取するにはどの時間帯を選ぶべき?
 回答:どのような効果を求めるかによっても違うようですが、えごま油の脳機能への効果を最大に享受するには朝に摂取するのがおすすめ。
活動を始める朝から昼にかけては酸化が進む時間でもあるため、朝に摂取すると脳や身体のサビつきを予防する効果が高いそうです。
2.えごま油は熱に弱いと聞きましたが、同時にお味噌汁など熱い料理に入れて使うという話も聞きます。後からかける分には問題ないのでしょうか?
 回答:えごま油を高温の揚げ物や炒め物に使うと酸化がすすみ、香りも悪くなりますが、人が飲める程度の温度であれば問題ありません。
味噌汁などの料理に入れる場合は、熱い鍋に直接入れるのではなく、飲む直前に器の中に垂らしていただくようにしましょう。
また、味噌汁の場合、しっかりと発酵させて作られた味噌を使用する場合、熱々の汁の中に味噌を溶いてしまうと味噌の中の微生物も死んでしまいます。えごま油だけでなく、味噌も飲める程度の温度で溶かすことをおすすめします。
3.えごま油の賞味期限は何日くらいでしょうか? 開封してからどのくらいで使い切るべきですか?
 回答:油は熱や光、酸素によって酸化し、劣化していきます。特にえごま油は酸化しやすいため、小さめの瓶で購入し、開封後はなるべく早く使い切るのがおすすめです。
保管状況によっても変わりますが、開封後1ヶ月~2ヶ月程度で使い切ると新鮮なままいただけるようです。
4.えごま油の一日の摂取量はどのくらいですか。
 回答:摂取量の目安は一日およそ小さじ一杯(4g)です。
食べ過ぎると下痢などを起こす場合もありますので摂取量は守るようにしましょう。
5.えごま油の搾油方法を教えてください。
 回答:弊社の販売しているえごま油の搾油方法は、低温圧搾生搾り製 法です。低温圧搾生搾り製法とは、化学溶剤を使用せず、熱などのストレスをかけずにゆっくりとえごまを搾るので、えごまの品質や味が反映されます。作業の中で、溶剤の抽出や成分調整等を一切行わないため、抗酸化作用のあるルテインやリン脂質が熱で損なわれることがないバージンオイルが特徴です。
6.冷凍保存はできますか?
 回答:はい。えごま油は冷凍保存ができます。冷凍したえごま油をお使いになる場合は冷蔵庫に一晩おくなどし、時間をかけて自然解凍させてください。ただし、解凍をする際に時間をかけて解凍する時に酸化は進みます。また、長期の冷凍は冷凍焼けを起こし、品質低下にも繋がるので、基本は開封後はできるだけ早く使い切ることがおすすめです。

商品の注文について、以下の購入するボタンをクリック願います。


国産有機奥出雲産えごま油商品画像
▲国産有機奥出雲産えごま油50g 1,836円(税込)
原材料:無農薬栽培 えごま

↓申込み↓

購入する

お申し込み方法

  • (1)インターネットでのご注文はコチラから
  • (2)メールでのご注文はinfo@nokei.co.jpから
  • (3)FAXでのご注文:0466-53-8756
※注文確認後、金額と出荷日についてメールをさせて頂きます。
※商品は、岩手県軽米町から発送します。
※送料は5kgまで変わらないので、雑穀とセットでもご購入いただけます。